タミーはママと赤ちゃんの”知りたい”をお届けします

Tummy mama with baby

1歳

卒乳後胸にしこりが!おっぱいケアを甘く見てはいけない理由とは

投稿日:

 

めでたく卒乳した後に、母乳がたまってしこりに悩まされてはいませんか?

私は卒乳後すぐに母乳が出なくなり安心した束の間、約半年も経ってから急にしこりができてしまったのです。

卒乳後のしこりには本当に不安に思い悩みましたね。

・卒乳後におっぱいのケアは必要なのか?

・私が母乳を止めるために取り組んだこと

・いつ母乳が止まったのか?

・しこりができて乳ガン検診へ行った時の驚くべき出来事

について、私の経験を詳しく紹介していきたいと思います。

卒乳してから母乳の生成を抑えるためのケア

卒乳後はどのように母乳の量を抑えていますか?私は胸が張りだしたらマッサージをして母乳を出すようにしていました。とにかく乳腺炎の常習犯というくらい、すぐに乳腺炎になってしまう体質だったので張り出したらすぐに絞っていましたね。

友人には卒乳したその日はためるだけためてから次の日に母乳を出すようにしていたという子もいたのですが、乳腺炎が怖い私はそれができず、こまめに絞って出していました。こまめに絞ると母乳の生成が止まらないのでは?と思いますよね。

そのため私は胸が張らないときに、冷却シートを胸に貼って母乳が生成されないようにしていました。冷却シートを毎度貼りすぎると肌がかぶれてしまうことがあったので、そんな時は濡れたハンドタオルを冷蔵庫に入れておき、それを胸に当てていました。

そうこうしているうちに、卒乳して1週間くらいでだいぶ胸が張る頻度も落ち着いていったのです。

卒乳後のおっぱいケアはシャワー中が便利

そしてそれからは多少胸が張るくらいのときは放っておき、入浴時に絞りだすようにしていました。湯船の中というよりは、シャワーを浴びているときに出していましたね。湯船だと身体が温まっているせいか、絞った後また母乳が生産される率が上がってしまうようで、張ってしこりができることが増えたのです。

そこで湯船の中でのケアは避け、シャワーを浴びながら母乳を出すように変えたところ、その後もとくに張りが増えることなく順調に母乳量が抑えられていきましたよ。

まして息子も一緒にお風呂にいるので、私が湯ぶねにつかると遊びたがっておっぱいのケアに集中することができなかったので、息子を湯ぶねに入れおもちゃで遊ばせている間に、シャワーでケアするほうがやりやすかったんですね。

卒乳後2週間で胸の張りがおさまる

日中はたまに冷たいタオルなどで冷やしつつ一日母乳をためて、夜のシャワーで絞り出すことを繰り返し続けて約1週間。すっかり胸が張ることもなくなりました。つまり私は、卒乳してから2週間ほどでおっぱいのケアを止めたことになりますね。

それ以降は張ることもなくしこりも特にできなかったので気にせず、母乳ケアからも解放されて久しぶりに自由になれた気分でしたね。

しかしその後、あることで母乳がまだ残っている事実を知ったのです。

卒乳して5ヶ月後に突然のしこり…恐怖と不安でいっぱいに

卒乳してしこりが胸にできると病気なのか母乳のつまりなのか不安になりますよね?まさに私は安心していたのも束の間、卒乳して5ヶ月ほどしてからしこりが左胸にできたのです。さすがに5ヶ月間も経っていると、母乳ではなく何か病気なのでは?と不安になりましたね。

一応母乳の残りかもしれないとも思い、久しぶりに母乳マッサージをして母乳が出るか試してみたのですが、案の定、全く出ませんでした。加えてマッサージをしても、以前のようにしこりは消えません。大きさとしては直径2cmほどで、痛みはあまり感じず、ただ違和感だけがありました。

生理も始まったばかりだったので生理前の胸の張りかなと思ったのですが、生理がきてもしこりは残ったまま。ますます私の心は不安にいっぱいに…。とうとう、不安解消のために乳がん検診を受けることにしたのですが、ここでしこりの正体を知ることができたのです。

卒乳後のしこりで乳癌検診!マンモグラフィーで判明したのは?

緊張しながら受けた乳がん検診。実は、マンモグラフィーで左胸から勢いよく母乳が出たのです。レントゲン技師の方にも「あれ?まだ授乳中?」と聞かれましたよ。機械を汚してしまったことが申し訳なかったですが、マンモグラフィーで思いっきり胸がつぶされたことで母乳が出るなんて、まったく予想もしていなかった事態でした。

そしておかげで、胸からしこりも消えたのです。その後エコーでも診てもらい、卒乳して間もないためまだ母乳が少し残っていると教えてもらいました。私の中では卒乳して2週間ほどで完全に母乳は消えたと思っていたのですが、5ヶ月経ってもまだ残っているのかと驚いたものです。

しこりが消えてからは乳頭マッサージのみ再開

それからというもの、またシャワーに入るとき軽く乳頭をつまんで母乳が出てこないか確認するようにしましたよ。これ以上母乳が生成されないために母乳マッサージはさけ、今残っている母乳の出る分だけでも出そうという気持ちでやっていましたね。

マンモグラフィーで通りが良くなったのか乳がん検診後は左胸からはやや勢いよく母乳が出たのですが、それも数日すると落ち着いていき母乳が乳頭ににじむ程度になったところで、何もしないようにしました。

それからもう1年経過し、あれ以降しこりはできていません。

卒乳後の母乳の生成を甘くみてはいけない

卒乳したらどのくらいの期間で母乳がなくなると思いますか?私は長くても1ヶ月ほどケアすれば母乳はもう生成されることなく、出産前の胸に戻るとイメージだけで思っていたのです。しかし、実際経験してみて半年は様子をみたほうがいいと思いましたね。

私のように約5ヶ月間も胸の中にとどまっていた母乳が突然しこりとなって現れる場合もあります。なかなか見た目ではわからないですし、自分の感覚でしか残乳を把握することはできないのですが、忘れた頃に出るかどうかだけでも試してみると、自分の胸の状態がわかるかもしれません。

私は授乳していたころ乳腺炎に苦しんだゆえに、卒乳してもう母乳は出ない、と自分なりに判断してからは、解放感にひたり何もケアをしていませんでした。しかし、出産してから生後10ヶ月で卒乳するまでの、約10ヶ月間母乳を作り続けてきた胸も、時間をかけてゆっくり前の状態に戻るということを経験して初めて実感しましたね。

もちろん卒乳後の胸の状態は個人差がありますが、しこりができる前にやれることはあると思うので、気が向いたときにでも一度母乳がまだ出るかどうか確認をしてみてはと思います。卒乳後も長く付き合っていく自分の身体を大切にしましょうね。

-1歳
-,

Copyright© Tummy mama with baby , 2020 All Rights Reserved.