タミーはママと赤ちゃんの”知りたい”をお届けします

Tummy mama with baby

保育園児・幼稚園児

時短勤務で残業を強制させられる!?知らなきゃ損する落とし穴

投稿日:2019年10月30日 更新日:

 

お母さん
子育てしながら時短勤務にすると、仕事にどんな影響が出てくるのか不安になっていませんか?

育休がそろそろ終わりそうな方は、復職と子育てと両立できるのかという不安に駆られているところでしょう。また、子供が幼稚園に行くから日中手が空く方は、"そろそろ自分のお小遣いなり家計の足しになるような仕事でも探そうかな"と思っているのではないでしょうか。

そんな時に気になるのが、”勤務時間"。勤務先と自宅の距離、子供の送り迎えの時間を考慮すると、フルタイムはなかなか難しいという方が選ばれるのが"時短勤務"ですよね。今回は時短勤務をしている友人や以前時短勤務をしていた私の経験談を交えて、時短勤務のメリット・デメリットをお話したいと思います。

正社員の時短勤務で子育ては不可能?仕事量が同じで残業の日々

育休中の多くの方が"正社員"として復職されるかと思います。正社員として復職をすると、9時から17時の就業時間に加えて日によっては残業があったりもして、子供のお迎え時間や急な発熱、帰ってからの世話を考えると、なかなか厳しい環境が待っています。

私の友人はフルタイムの正社員として復職をして、がっつり残業もこなしていました。なんとその会社は、残業をしなければならない時は子供を一度迎えに行き会社に一緒に連れてきて、ママが仕事をしている間は会社のキッズスペースや他の社員と遊ばせるというスタイルの会社だったらしいのです。

友人の子供は当時1歳半だったのですが、数ヶ月間そういった生活を続けていると子供に疲れが出てきたのか、頻繁に風邪をひくようになってしまったんです。すると今度は会社を休まなければならないことが多くなり、止む無く時短勤務に切り替えることになったのだとか。

本人曰く、旦那さんも大変協力的で仕事も楽しかったので、できればフルタイムで働きたかったらしいのですが、「子供に影響が出てしまってはダメだね。」と残念がっていました。やはりフルタイムに加えて残業があると、なかなか子育てと仕事の両立は現実的に厳しいなぁと感じましたね。

共働き子育て時短勤務の家事はママ負担?メリット・デメリット

では、時短勤務にすると実際にどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。フルタイムと比較して検討してみたいと思います。

<時短勤務のメリット>

・子供のお迎えに余裕を持って行ける

・子供との時間が作れる

・家事をする余裕ができる

・仕事が早く終わるので、少し気楽に仕事に行ける

・気分転換になる

・お小遣い稼ぎになる

<時短勤務のデメリット>

・収入が少ない

・家事育児をすべて任されがち

・職場での肩身が狭い

実際に私や友人が時短勤務をしてみて感じたメリット・デメリットです。私は16時までの時短だったのですが、勤務時間が少し短いだけで毎朝の仕事に行く憂鬱さがなく、適度な気分転換になって大変よかったですよ。

しかしその反面、同僚に自分の分の仕事が回っているという申し訳なさもありました。また、時短のため家事育児の負担がほとんど自分にきて、旦那に怒りをぶつけることも多々ありました。

このように時短勤務と一言で言っても、小さなメリット・デメリットがあるので、これから職場復帰する方や仕事を始めようと思っている方は、時短勤務が自分に合っているかどうか旦那さんと話し合って決めても良いかもしれませんね。

時短勤務で残業ができず休日出勤の日々!なのに基本給減額?

私の友人は、育休が明ける前から上司に時短勤務の申請をして、正社員ではなくパートとして復職をしたのですが、仕事内容や仕事量の負担が減るかと思いきや、まさかの仕事内容と仕事量は正社員と同じ。

単純に時間が短くなった分、効率よく仕事を進めなければならず、子供のお迎えもあるので残業もできず、休日出勤をして仕事をこなしていることもあったのです。パートになった分、給料は下がっているのに、仕事量が一緒とは思わなかったと嘆いていましたね。

また私の場合、復職当初は時短勤務で10時から16時を週5で働いており年収が200万弱だったのですが、それだと旦那の扶養にも入れず、無駄に税金を払っているだけと気付いたのです。結局、上司に頼んで扶養内に収まる就労体形にしてもらいましたよ。

軽い気持ちで時短勤務にすればいいか、としたことでしたが、所得税や仕事量にこんな落とし穴があるとは思いませんでしたね。時短勤務にすると決めた方は、さらに扶養内で働くかどうかをご家族で一度話し合った方がよいと思います。

子育て中の時短勤務はいつまで?在宅切替で子供の発熱時も安心!

前述の休日出勤もしていた友人は、時短勤務になった当初、就業時間内に終わらない仕事は家に持ち帰り、子供たちを寝かしつけた後にしていたそうです。そこへ休日出勤も重なり体力的にもかなりきついなと感じていた時に、上司から"在宅で仕事をするか?"と提案してもらえたのだとか。

週に2日ほど会社に行き、その他は在宅でこなせる仕事をするという形にしてもらえたおかげで、時間的にも気持ち的にもかなり余裕が出来て、すごく働きやすいと喜んでいましたね。また、子供の発熱などで急遽お休みを取る必要もなくなり、すごく気が楽だと言っていましたよ。

友人が休日出勤をしていると聞いて、"なんてブラックなの!"と思っていましたが、上司の提案を聞いて"なんて素敵な会社!"と評価を改めましたね。リモートワークが増えてきている昨今、会社や仕事内容的に在宅対応が可能であれば、子育てママには大変嬉しいですよね!

パートで時短勤務は損する?子育てVSキャリアで悩む女性たち

”女性の社会進出を!"とか"子育てのしやすい社会を"とか色々言われていますが、仕事はしたいけれど子育てとの両立のために時短勤務を選ぶママ、会社の就労形態的に時短勤務を選ばざるを得ないママが多いというのが現状です。

仕事はお小遣い稼ぎのためにやっている、気分転換でやっているという方には、子育てにも余裕がもてるのでおすすめの働き方です。しかし、しっかり稼ぎたい、仕事が好き、キャリアを捨てたくないという方には物足りない就労スタイルだと思います。

自分は仕事を優先したいのか、子育てを優先したいのか、何を重視するのかを今一度考え、時短勤務のメリットデメリットをしっかり把握して、自分に合った"時短勤務"のスタイルをご家庭や会社と話し合い、築くことができれば一番良いのかなと思います。

-保育園児・幼稚園児
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© Tummy mama with baby , 2020 All Rights Reserved.