タミーはママと赤ちゃんの”知りたい”をお届けします

Tummy mama with baby

0歳

はじめての子育てによるストレス、うつ気味な日々を脱出しませんか?

投稿日:2019年7月1日 更新日:

 

赤ちゃんが誕生して嬉しかったはずなのに、はじめての育児に手探りでの挑戦が始まり、育児雑誌を読んだりネットで調べたり…

筆者
ミルクも上げたオムツも替えた。今度はなにで泣いてるんだあー

となりませんか?

子供が生まれてからお母さんは毎日が寝不足!

寝不足は人間を究極にダメにします。本当に睡眠って大事なんですよね。

頭がボーっとなって判断力が悪くなり、体力まで落ちて追いつめられます。

そこに「赤ちゃんがなぜ泣いてるかわからない!」ってことが続くとパニック&キーってヒステリックな感じになりますよね。

毎日毎日で休みは当然ありません。一生懸命に育児をがんばっていると寝不足と疲れがたまって、うつ病とまではいかなくても誰でもうつ気味なんじゃないかって感じることがあるんではないでしょうか。

子供を思う気持ちが強いからこそ、心配しすぎて精神的に疲れてしまいます。さらに寝不足によって、お母さんは病んでしまいます。心も身体もボロボロ!

かわいい我が子のはずが憎らしく思えてくる」って悩んでいるお母さん!そういうものなんです。

寝不足と心配や不安からくる精神的な疲れが人間の限界を越えてしまっているんです。

理想はやさしい強いお母さん、うまくいかないと自分を責めないで

ミルクも飲まない、オムツも綺麗、じゃあなんで?という時の大泣きがとても不安ですよね。本当に具合が悪いんじゃないか?!と心配で心配で心が折れます。

優しくてドーンとまかせなさい!という感じの強いお母さんが理想なのに、現実を見たら赤ちゃんに振り回されてフラフラ。「私は弱くて感情的なダメお母さん」自分を責めて落ち込んでいませんか?

自分を責めて自信をなくせば、どんどん心が小さくなるのは当たり前。元気や笑顔が消えていき外へ出るのも面倒になってきてしまいます。精神的に疲れてきてストレス満タン、何日も続く寝不足!身体はフラフラ!

こんな状態が続くとうつ気味になってきてしまいます。これは育児じゃなくてもなるんです。あなたは、やさしい強いお母さんだからこそ限界を越えるまでがんばりすぎたのですよ。それをまず分かってくださいね!

はじめての育児に全身全霊をかけて経験のないことを勉強しながらはげんでいる自分を褒めてください。素晴らしいことなんです。

2人目を生むことが不安、と悩んでいませんか?

はじめての子育てが大変でうつ気味になるほどだと、2人目を生んだらどうなるんだろうって悩んで怖くなったりしていませんか?でも私がいざ2人目を迎えたとき、現実には違ったのです。気持ちが1人から2人に分散されて忙しいのは増しますが、精神的には楽になったんです。

私の場合、上の子が女の子で生まれてから4か月くらいは本当に3時間おきにギャーギャー泣きました。ご飯もトイレも時間がないくらいでした。子供と一緒に泣いたこともありました。

娘だけのときは完璧にやりたくて私は神経質だったと思います。しかも「何もかも汚い病」で、その神経質さが精神的にも悪影響で、つねにイライラしてました。育児に疲れてしまい2人目なんて考えられませんでしたが、妊娠してしまい息子が生まれました。

ところが、2人の子供で忙しいせいもあって神経質でいられなくなったのです。正確には多少のことは、妥協しないといけない状況になるのです。たとえば、息子を抱っこしたまま寝てしまい、起きたら私のセーターの毛玉が一部キレイになくなってました。

もちろん息子がつまんで食べたと思われます。もう、しょうがないと諦めました。娘のときには、人の手は汚いって言っていたのに2人いると助けてもらえるだけで有り難いので、知り合いに抱っこしてもらったりしました。

2人目を授かり…180度変わりました。赤ちゃんの娘と2人のときは孤独感があったのに、息子が加わって家の中がにぎやかになり、フッと気づいたら気が楽になったというのか母親が板についてきたというのか、、

そんなものなんだなって思ったのです。子供が増えることによって子育てに慣れてきて、いい方へ変わることもあるんですよ。ですからあまり考えすぎることはないんです。

孤独な育児からの逃げ場をつくりましょう

うつじゃないかとおもったら がんばりすぎていると思ってください。

旦那さんが協力的じゃなかったり、核家族で話し相手がいなくて気がまぎれることがなかったり、そんな中で一人で育児をしていたら病んでくるんです。逃げ場がないもの。

そこで私から提案があるんです。自分にちょっとしたご褒美をあげてください。私は子供と散歩に出たときに、大好きな和菓子を1個か2個買うのを目的にしました。散歩から帰って来て落ち着いた時間ができたときの、ティーブレイクの楽しみを作りました。

かなりテンション上がります。子供を抱っこしながら近所へ、いろいろなお店探しも楽しいです。ガーデニングや雑貨でも、ご自分で好きなことなら何でもいいです。まずは自分のために何かご褒美をあげることで心に少し潤いが出たら、イライラやストレスが減ると思いませんか。

一日10分だけでも楽しみにしていたものを目の前に置いて「ムフフ」ってブレイクしましょうよ。そうやって毎日をこなし、子供の成長に喜びを感じ、気づいたらノイローゼ気味の日々から脱却できているかもしれません...!

-0歳

Copyright© Tummy mama with baby , 2020 All Rights Reserved.