タミーはママと赤ちゃんの”知りたい”をお届けします

Tummy mama with baby

妊娠中

妊婦の風呂掃除は大変!妊娠中に家事がめんどくさい時の対処法

投稿日:

 

妊娠すると普段以上に「いつも通り」が難しくなってきますよね。日々変化する体と付き合っていくうちに、家事をやりたいけど出来ない、出来ればやりたくない...そう思ってしまいます。私は妊娠中お腹が目立たない方だったので、想像していたより身軽でしたし、トラブルも少ない方だったように感じていますが、それでも負担に思っていたのが毎日の「お風呂掃除」です。

女性はお風呂でのリラックスタイムが好きな方、多いと思います。私も大好きです!その為、自分が入りたいからとお風呂掃除を担当する場合が多いですが、掃除する時の体勢を無理していませんか?妊娠中のお風呂掃除は大変です。それに危険もたくさん潜んでいます。では、どんな事が大変で危険なのか。それを解決するにはどんな方法があるのか。知っておくと助けになるお風呂掃除のポイントをご紹介します!

妊娠中に掃除したくないお風呂の浴槽!その理由とは?

妊娠する前、私は洗濯や食器洗いに比べてお風呂掃除は好きな方の家事でした。シュシュっと洗剤のついたスポンジで磨いて、シャワーでサーっと流す。念入りにやるのは時々で、それほど時間もかけません。その後ピカピカのお風呂にお湯をためてのんびり入浴するのが好きだから、進んでやっていたと思います。

それが妊娠をきっかけに、やりたくなくなってしまったんです。入浴は以前と同じように毎日入りたいのに、浴槽の掃除がやりたくないのです。では何故やりたくないのかというと、原因はお風呂掃除の「姿勢」にありました。

普通の人ならなんて事ない前かがみの姿勢が、妊娠中だとお腹が圧迫されてとにかく辛く、時々気持ち悪くもなり、少しの間でも体に負担がかかっている事を実感します。それにすぐ腰も痛くなりました。

妊娠中お腹の張りが気になるように...家事をどうこなす?

加えて冬場のお風呂掃除は体が冷えてお腹の張りも感じ、特に嫌になってしまいました。更にお風呂は濡らさないことには掃除が始まりません。床が濡れるということは滑りやすい状態です。

妊娠中期から後期になってくるとお腹の大きさからバランスを崩しやすくなっていき、少しの作業でも転びやすくなります。転ぶと母体にも赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があるので、気をつけないといけませんよね。

しかも妊娠中って注意力が散漫になっているんです。転びやすい環境に自ら毎日足を運ぶなんて、すごく危険!お風呂掃除は他の家事に比べてほんの数分の事かもしれませんが、妊婦さんにとっては体に負担がかかる事や危ない事、たくさんあるのです。

妊娠中のお風呂掃除はしんどい上に危険!旦那に理解を求めよう

それでは、妊娠中のお風呂掃除はどうしたらいいのでしょうか。大変だから家族に任せちゃおう!出来る事なら是非そうして欲しいですが、難しい場合もありますよね。

私の場合は専業主婦なので結構自分で努力していたのですが、腰の方に限界がきてしまい、それをきっかけに旦那に協力をお願いする事にしました。旦那はいつも私より後にお風呂に入る人だったので、その時にお湯を抜いて浴槽の掃除をしてもらう、という内容です。

それまで旦那は、お風呂掃除がそんなに母体に負担をかけているとは想像していなかったようでした。食事を作るためにキッチンに立っている方がよっぽど足腰に負担がかかったり、ダメな匂いがあるとかで辛いものだと思い込んでいて、お皿洗い等は言わなくても進んで手伝ってくれていましたね。

私は言い出すのが遅かったので、もっと早い段階で相談してみればよかったな、なんて思いました。気づいて欲しい、分かって欲しいと思って無理を続けるよりは、これが負担だから助けて!と素直に話す事が1番早い解決なのかもしれませんね。

妊娠中のお風呂掃除に洗剤は使ってもいい?注意すべき点とは

しかし仕事柄出張の多い旦那なので、毎日の協力は得られません。私達はその状況に備えて一緒に便利グッズを買いに行くことにしました。そこで出会った「助かったな、負担が減ったな」と感じたものをいくつかご紹介しますね。

1.柄のついたスポンジ

スポンジを手で持つと、どうしてもしゃがんだり屈まないとお風呂の底まで届かなかったのですが、柄があることでその負担がぐっと減ります!

2.吹きかけて流すだけのお風呂用洗剤

浴槽全体にシューっとミストを吹きかけてシャワーで流すだけの洗剤です。浴槽や洗いたい場所をこすらなくて良いので、無理な姿勢になることがありませんでした。

お風呂の洗剤は臭いが独特の物があるので、香りに敏感になっている妊婦さんは選ぶ際注意が必要かもしれません。個人差がありますので、ご自身の体調をよくみて慎重に選んでみてくださいね。

臭いが気になる場合は浴室の窓を開ける、換気扇を常につけておく、マスクをつけるなど注意して、洗剤を吹きかけたすぐ後は一旦浴室から出て綺麗な空気を吸ってみましょう。洗剤の成分が気になる場合は、ボトルの裏側にある注意事項をしっかりと読み、妊娠中の注意点があれば従いましょう。

妊娠中の家事をサボるためのお助けグッズを100均でGET!

1.排水溝用ヘアキャッチャー

排水溝掃除は毎日しないものの、汚れはどんどん溜まるし気になってきます。流れ落ちる髪の毛を排水溝の目前でキャッチして捨てる事で、掃除の頻度を低くしました。ヘアキャッチャーを取る時も、トング等を使うと屈まなくて済みますよ!

2.ゴムブーツとゴム手袋

滑り防止です。手袋は立ち上がるのにその辺を掴んだら思いの外自分を支えられずに滑っちゃった、というのを防げるのでおすすめです。また、妊娠中は肌も敏感で手荒れがしやすいので、洗剤なども直接さわらないようにすると良いですよ。

我が家はこうして妊娠期のお風呂掃除を乗り越えていきました。実は妊娠中という枠にとらわれず、普段から掃除の時に使っても便利だし時短になるなと感じたので、継続して使用しているものも多いくらいです。

妊娠中の家事が疲れるのは当たり前!つらい作業は分担を

いかがでしたか。妊娠中はどうしても普段より制限がかかってしまう事が多く、思う様に物事を進められなくて苦労しますよね。

知識をつけても、便利グッズを用意しても、出来ない時は無理をしないで休む事が大切です。元気な赤ちゃんに会えるまで、完璧に掃除をしなくたって良いじゃないですか。妊娠前と同じような労力で家事を続けると、母体にも赤ちゃんにも負担がかかりやすくなってしまいます。

妊娠期間中は旦那さんに上手に甘えて、できないことはできないと相談してみましょう。体調の変化と上手に付き合いながら、気持ちよく妊娠生活を送れると良いですね。

-妊娠中
-, ,

Copyright© Tummy mama with baby , 2020 All Rights Reserved.